スポーツ外傷

スポーツで負傷された方へ

スポーツにおけるケガは早期回復、再発予防が大事になります。一度ケガした部位は再発しやすくなります。構造的に一度損傷すると再度ケガしやすいものです。また、関節がずれたまま、筋肉の一部に負担がかかるような姿勢などが改善されずに競技に戻ることも原因の一つです。

岩手県雫石町の整骨院 長山街道はりきゅう整骨院 我手田/ケガの治療

ケガの治療

万が一、負傷した時は安静とアイシング、固定が基本的な治療になります。急性期が過ぎたら、温熱療法、電気療法、手技療法などを組み合わせて、早期回復を目指します。関節を使いやすいように整えることも大事です。

岩手県雫石町の整骨院 長山街道はりきゅう整骨院 我手田/繰り返しの痛み

繰り返しの痛み

普段は痛くないけれど、走ると痛い、投げると痛いなど、競技特有の痛みがあります。そのままにしておくと、安静時にも痛みを訴えるようになります。休むと痛みはなくなるけど、競技を再開するとすぐ痛みがでるということをよく聞きます。その部位に負担がかかるように体を使っているので、必要なところの筋力をつけたり、柔軟性を増したりという体作りも大切です。シンスプリント、グロインペイン、足底腱膜炎、ジャンパーズニー、野球肘、野球肩、テニス肘、ゴルフ肘など。

岩手県雫石町の整骨院 長山街道はりきゅう整骨院 我手田/体づくり

体づくり

体幹の強化や体幹との連動性、自分の正中軸の把握や中心軸からの動きなど、スポーツの能力向上には、様々なトレーニングがあります。現代は歩くことが昔に比べ圧倒的に少なくなっています。人間の基本は直立二足歩行です。歩行がしっかりした姿勢で行えない場合、スポーツでの能力の伸びしろは少ないと考えられますし、ケガもしやすいと思います。スポーツにより繰り返しの痛みは、基礎トレーニングやAxis Methodで予防できます。いつもの練習に、体幹を使いやすくするトレーニングを入れてみてはいかがですか?

身体のケアを忘れずに

スポーツをやっている方はメンテナンスをしっかりしましょう。ストレッチやアップ、ダウンおろそかにせずに、体の疲れが抜けやすいようにケアしてあげましょう。